2019年09月19日

寝床を決めたチョウ、まだ日向ぼっこをするチョウ

 公園へと戻って、ジャコウアゲハが好んで寝床を確保するキンモクセイの木の周りを調べて歩くと、予想通りにオスが飛んでいて、目の前の木陰となっているがまだ陽ざしが届くキンモクセイの葉上にとまる。
190919-オス1700a.bmp190919-オス1700.bmp
まだ影となっていない部分へと移動すると、残る陽ざしで日光浴をしているオスもいる。
190919-オス1701.bmp
この公園では初めてみるルリシジミが寝床を探すような飛翔を見せているのでその動きにしばらく付き合ってみると、やがて好ましい場所が決まったのかキンモクセイの葉上に静止する。
190919-ルリ1703.bmp
先ほど日向ぼっこをしていたジャコウアゲハは少し位置をかえてまだ日光浴中で、
190919-オス1707.bmp
キンモクセイの葉上にとまっていたルリシジミは元の位置にいなく、周りを探すと場所を変えている。
190919-ルリ1709.bmp
日がよく当たるクスノキの枯れ枝部分に執着するような飛翔を続けるアゲハチョウがいて、ようやく落ち着いたところを撮影記録。
190919-アゲハ1711.bmp190919-アゲハ1712.bmp
翅を開閉する様子から、寝床とするのではなくしばし日光浴を楽しむような気配。いずれキンモクセイの茂みへと移って寝床にするに違いない。先ほどのルリシジミは数分後でも静止位置をかえた葉上に落ち着いており、ここで夜を過ごすことに決めたらしい。
190919-ルリ1717.bmp
数分たっても同じ位置にとどまるルリシジミは確かにここで夜を過ごすことに決めたらしい。ジャコウアゲハが最初に止まっていた部分は並び立つサンゴジュが豊かな実をつけていて逆光の木漏れ日に赤く照り映えている。
190919-サンゴジュ1.bmp
反対側へと回ってジャコウアゲハが日向ぼっこをしているすぐそばの葉上にイチモンジセセリが仲良くならんでとまる光景を記録していると、
190919-ツイン1720.bmp
上側の個体が急に飛び立ち、まわりをせわしなく飛んだあととまった葉上ですぐに開翅姿勢をとる。
190919-イチセ1722.bmp190919-イチセ1724.bmp
下側の個体はここでそのまま夜を過ごすように思えてズームアップ撮影を試みるとなんとチャバネセセリ。
190919-チャバネ1726.bmp
この場所に寝床を探すような飛翔で新たに現れたのはヤマトシジミで、やがて葉上におちつき、
190919-ヤマト1730.bmp190919-ヤマト1733a.bmp190919-ヤマト1733.bmp
数分経過しても動かないのでこのまま夜を過ごすものと思えた。
posted by クジャクチョウ at 23:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: