2019年10月15日

ジャコウアゲハ幼虫の移動

 2019年9月14-5日、久しぶりに訪れたジャコウアゲハの生息地は土手斜面の除草がまだされていなく、チガヤなどの草むらに目立たなくなっているウマノスズクサで、2日間でみつけた終令幼虫14個体を平坦部のウマノスズクサへと移す。
 例年、終令幼虫が蛹化場所として選ぶアキニレの木を調べると、すでに多数の越冬蛹と、前蛹や蛹化場所を探して枝を伝い歩く終令幼虫も観察できる。
DSC191014-6.JPG
可能な限りビデオ撮影記録をとって確認すると、枝を歩いて蛹化場所を探す幼虫が4、前蛹が8、蛹が30個体という結果で、野鳥などに攻撃される可能性もある先端部に近い位置で蛹化した個体も観察できる。土手斜面はまもなく国土交通省による除草が始まるため、今一度ていねいに越冬蛹を探して回収する必要があるが、9/15に路肩部から1mほど下がった場所で蛹化していた個体を1頭だけ回収した。
 毎年、ウマノスズクサが自生するこの土手周りから、生活用水路を隔てた公園内へと移動して蛹化する個体がいて、この用水路を渡ることができる鉄管が1本だけかかっているのだが、9/14、その鉄管の下で前蛹と蛹化2個体が観察でき9/15には前蛹も蛹化していた。
191015鉄管_蛹.jpg
191015鉄管.jpg
9/14には鉄管から数十センチという側溝に近い部分を徘徊する幼虫を、9/15には道路を移動中に車かあるいは自転車に踏みつぶされたと思われる哀れな姿も2か所で観察でき、この鉄管を伝った公園側への移動の実例を初めて確認できた。それにしても、幼虫はこの鉄管の存在をどのようにして察知するのだろうか。また、アキニレの木に次々と遠征して蛹化する個体は、いったいどのような兆候を得てここへと移動してくるのか、ジャコウアゲハの幼虫のこうした超能力について確かな科学的根拠を知りたい。
posted by クジャクチョウ at 12:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: