2020年04月29日

ギフチョウの産卵調査

公立機関の一斉休業で志方東公園の駐車場が利用できないため、駐車が可能なところに限定した5か所で産卵数の調査を実施。参加は「加古川の里山・ギフチョウ・ネット」のメンバー7名。
 マムシが潜んでいる可能性に注意しながら、ヒメカンアオイの葉を1枚ずつ裏返してギフチョウの産卵数を数える作業は楽ではない。まるで宝探しのようなもので、めくった葉裏に真珠の輝きを放つ卵塊をみつけたときはうれしく、
DSC04424.JPG
代表の竹内さんに大声で「7個」「8個」などとみつかった卵の数を知らせ、竹内さんが逐一記録をしてくれる。本日のチャンピオンは、おそらく異なる母チョウが同じ葉裏に産卵をしたと考えられる22個。
vs200429-009.BMP
 産卵位置は、ヒメカンアオイが多くの葉っぱで構成される株の場合、周縁に近い葉っぱへの産卵がほとんどで、母チョウがお尻を曲げて産卵する際に、もっとも楽な位置が選ばれている。筆者がみつけたなかには、地面すれすれとなった葉裏や、
DSC04420.JPG
ちょうど中央の位置となる葉っぱに産み付けた例が1件だけあったが、
DSC04432.JPG
母チョウが産卵するのにたまたまいい位置となっていたようだ。
 ギフチョウの産卵に関する不思議の一つに、大きな株よりはぽつんと離れた貧弱な株への産卵が多くみられるというのがあって、孵化した幼虫たちはたちまち葉っぱが豊富な株への移動を強いられるわけで、母チョウは苦難を乗り越えて強い個体だけが生き残る試練を与えているように思える。今一つの不思議が、5か所をめぐって調査をした結果、ヒメカンアオイが相対的に少ない場所で多くの産卵を認めるのに、密度濃くヒメカンアオイが群生するところでは極端に産卵数が少なかったこと。
DSC04427.JPG
真珠の輝きを放つ卵の記録に適した葉っぱを紹介してあげて何人かで撮影した際、アリが攻撃を仕掛けているようにみえる記録がとれているが、
vs200429-015.BMP
接写による拡大撮影ができていないため、詳細は分からない。現地では徘徊するジグモやトカゲの姿もみられ、産卵から成虫となるまでに狙われる天敵は余多といるわけで、次の幼虫数調査での歩留まり率が気になるところ。
posted by クジャクチョウ at 17:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

自然観察ノート