2020年05月23日

ヒメヒカゲの生息調査 Ser.1

5月21日にカメラ撮影者からヒメヒカゲの発生を確認したとの情報があり、本日、第1回の生息調査に出かける。すでに姫路のM氏が調査を終えており、違う目での観察を意図して10時半からトランセクト調査。No.5-6地区で1♂を確認できたが、他はヒメウラナミジャノメと春型の美しいアサマイチモンジの飛翔を見ただけ。ヒメウラナミジャノメが止まったすぐそばに小さなカマキリが鎮座しているが、果たして襲うのかどうかまでを観察し続ける時間はとれない。
200523-1050.bmp
200523-1052a.bmp
 ヒメヒカゲ分布区分のNo.30であらためて撮影を目的として草原へと入り、♂3個体の記録を撮る。
200523ヒメ1007.bmp
200523ヒメ1112a.bmp
この草原では大きなモンシロチョウやモンキチョウ、アサマイチモンジの飛翔も見るが、M氏が記録もとっている♀には出会えないまま11時半に撤収。本種には、学術的にはまったく重要ではない裏面眼状紋に変化があって、裏展翅標本にして並べたがるマニアがいるが、そのような変化は写真撮影記録でいくらでも整理できる。絶滅危惧種とわかっている確信犯的採集者を許しはしない。
posted by クジャクチョウ at 14:40| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

自然観察ノート