2020年06月20日

ウラギンスジヒョウモンの美麗♀

ミドリシジミの♂の開翅をみたくてハンノキが林立する場所まで、夕刻の舞踏会までにはやや早い15時前にいってみた。途中、路面で吸汁中のヒオドシチョウの新鮮個体をみるが、飛び立つ瞬間の翅表の鮮やかな緋縅色は脳裏に記録できただけ。ケネザサが茂る小道沿いでウラギンスジヒョウモンの美麗♀が挨拶にやってきて、
200620ウラギンスジ♀1443.bmp
翅表を見せてとお願いするとすぐに開閉を繰り返すサービスぶりに感謝しながら撮影。
200620ウラギンスジ♀1443a.bmp
200620ウラギンスジ♀1443b.bmp
次いでオオチャバネセセリの新鮮個体も観察。
200620オオチャバネ1445.bmp
ミドリシジミは風に揺れるハンノキの葉上で眠りこけている1個体だけを望遠撮影できただけ。
200620ミドリ1455.bmp
posted by クジャクチョウ at 20:40| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

自然観察ノート