2020年07月25日

ジャコウアゲハの生息地で

 国土交通省による除草で犠牲となる可能性がある、土手斜面一帯の卵、幼虫、蛹を探してすべてを回収。それぞれ、卵が137個、幼虫が26頭、蛹が13個。1枚の葉裏への産卵数が最も多いのは12+2個で、
200725eggs13.jpg
珍しく葉表に1個の卵という例もみる。
200725egg1.jpg
卵と若令幼虫とが混在しているのは若くて新鮮なウマノスズクサだ。
200725卵_幼虫.jpg
草が多い茂みのわずかに開けた部分にある小さくて新鮮な葉がつく株への産卵が多く、母チョウが選ぶウマノスズクサにある程度の共通した条件があるように思える。
 あらためて用水路まわりを再確認すると、ムラサキツユクサの葉裏に蛹化したすぐそばに別の個体がやってきて蛹化している。
200725pupa.jpg
そのすぐ近くでノキシノブの葉裏に蛹化した個体が2個並んでいる例も合わせて考察すれば、幼虫が蛹化に際して移動する過程で、すでに蛹化した個体に何らかの誘因物質を察知して近くにやってくるのではないか、アキニレが”越冬蛹の成る木”となることも同じ理由ではないかと推理できる。
 回収した卵と幼虫は自宅に持ち帰り、除草後にどれだけのウマノスズクサが残るのかを確認してから現地へと戻せばいいなどと思いを巡らせていると、ジャコウアゲハのお母さんが公園側から飛び出てきて、筆者の顔近くから体の周りなど、ゆっくりと確認するかのように飛んでから土手方面へと姿を消す。「今日もありがとうね」とあいさつをしにやってきてくれたのだろうと、勝手に想像しながら帰路に就く。
posted by クジャクチョウ at 21:57| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

自然観察ノート