2020年07月29日

除草後のジャコウアゲハ

 県道沿い路肩部分のウマノスズクサを今一度確認すると、株数で25。複数の茎が伸びて葉っぱが多いのは3株程度で、平坦部では驚くほど少なく、わずかに3株。ひとつは太い茎が2本残るところからひょろりとのびてきたかよわい茎先に新葉が少しみられ、なんと、その下の方に中令幼虫が1頭じっとしている。
200729新芽幼虫.jpg
このままでは終令まで葉が持たないので路肩部分へと移しておく。
 土手斜面にはキャタピラーつきの除草車がみられ、斜面の下部分に残っていたノラニンジン、ヨモギ、チガヤなどをすべて刈り取る二度目の作業中らしいが、路肩部分が昨日のままで残っていることでほっとする。
200729除草01.bmp
200729除草2.jpg
この後除草車は草深い南側へと移ってふたたび除草作業が始まるが、すべてを刈り取ることなくもどってくる。
200729除草02.bmp
200729除草03.bmp
 公園内で木陰を縫うように飛んでから目の前の葉上で休息し始める♂を撮影記録した後、
200729休息01.bmp
あらためて高砂市が囲ってくれた保護区域をみてまわると、ヨモギの葉陰で休む♀がみつかるが、その近くに産卵できるウマノスズクサはない。
200729休息03.bmp
再び公園内を歩くと、複数のジャコウアゲハがゆっくりと飛んでいて、やがて木陰の葉上で休息し始める。
200729休息02.bmp
200729休息1142.bmp
200729休息1142a.bmp
休息中の♂に♀だと勘違いをして絡む別の♂がいたりするが、その個体もすぐに近くの葉上で休み始める。
vs200729-005.BMP
200729休息1152.bmp
決して日中の最高気温となる時間帯ではないのだが、ユキヤナギの周りを飛翔中のホシミスジがとまるのを期待してじっと待っている間にも汗がにじむ暑さではある。
200729ユキヤナギ1146.bmp
posted by クジャクチョウ at 23:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

自然観察ノート