2020年07月31日

ウマノスズクサを求めて小野市に遠征

 ギフチョウ・ネットの久保さんが教えてくれた自宅から約20kmの小野市のウマノスズクサが自生するという土手へと行ってみた。あちこちで土手周辺を丸裸にする徹底した除草が実施されているが、幸いにも到着した自生地には新鮮なウマノスズクサが残っており、道路沿い約20m幅の路肩部分に株数で26。
200731ウマノスズクサ.jpg
土手斜面側にも約1m幅で、持参した若令幼虫をすべて分散させてウマノスズクサへと移す。
200731幼虫1.jpg
土手斜面にはわずかにアカツメクサの花があり、ヤマトシジミ、モンキチョウ、ツマグロヒョウモンの姿を見る。きれいなツマグロヒョウモンの♀が吸蜜し始めるので斜面へと降りて撮影記録を楽しむ。
vs200731-001.BMP
モンキチョウは翅が傷んだ個体で撮影意欲がわかない。
気づけば、自動車道路の反対側に、堤防を点検するため草を刈っています、との大きな立て看板があり、工事の期間は2021年の3月31日までとなっている。現地到着時の印象では、最近草刈りがなされていくらか復帰した段階かのように思えたが、この看板があるということは、ここでの除草はこれからだとみるのが正しいようだ。帰宅後、国土交通省小野出張所のSさんあてに、できれば該当箇所の除草を8月下旬まで遅らせてほしいとEメールでお願いをしておく。
posted by クジャクチョウ at 18:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

自然観察ノート