2020年12月06日

綿毛内での蛹化

 一般的に、チョウの蛹が帯蛹となる際には糸がけによって体を保護することが普通だが、クロマダラソテツシジミがソテツの葉の付け根にある綿毛内で蛹化する場合、綿毛に埋もれた状態では糸がけで身体を安定させる対象がなく、実際はどうかを知りたくて、申し訳ないが綿毛をはがして観察をしてみた。
 実態は、やはり何も糸がけをしないで綿毛にくるまる状態で寝転んでいる蛹が観察でき、
201206pupa02.bmp
大きな葉の茎部分からの位置がわかるような記録もとっておく。
201206pupa00.bmp
撮影記録をとったあとは綿毛を元通り戻しておく。葉の付け根にたまる綿毛を少しずつはがしてみると、蛹が見つかったすぐ近くの綿毛内で、これから蛹化する準備をしている幼虫も2個体みつかる。
201206larva1.bmp
201206larva2.bmp
おそらく前蛹という段階だと思われるが、さらに綿毛をはがすことはやめて元に戻す。
 いぜんとしてソテツの葉を摂食中の幼虫も複数観察でき、
201206larva3.bmp
201206larva5.bmp
葉っぱの固さはどうかと触れてみると、まだいくらか柔らかさが残っている。すっかり固くなった葉を摂食することがあるのかどうかは確認できていない。
posted by クジャクチョウ at 10:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

自然観察ノート