2020年12月09日

エノキの根元で越冬幼虫

 午後から、オオムラサキの越冬幼虫を探しに自宅から55kmの西播磨まで遠征。2018年に8頭の越冬幼虫を持ち帰った場所と同じエノキの根元で、やや湿り気のある落ち葉のあいだにかろうじて2個体を発見。
201209オオムラサキ1416a.bmp
201209オオムラサキ1416.bmp
201209オオムラサキ.jpg
さらに探して見つかったのはゴマダラチョウの幼虫。
201209ゴマダラ.bmp
この場所のオオムラサキに関しては、2017年に友人に譲ってもらった幼虫5頭のうちから羽化した1♂が珍しいモルフォ調のブルータイプであったことで、その再確認目的でこだわっているのだが、2018年の8頭からブルータイプは出なかった。2019年12月には越冬幼虫をまったく発見できず、今回見つかったのが2頭だけだというのがさみしいが、大事に育ててみる。
posted by クジャクチョウ at 17:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

自然観察ノート