2022年05月14日

シルビアシジミを観察

ギフチョウの幼虫調査を終えた段階でなお天候は曇りだが、ミヤコグサの花が咲く草地でシルビアシジミを探してみる。ギフチョウ幼虫の調査の途中でミヤコグサの花蜜を仲良く楽しむ2個体を見ていたのだが、
220514sylvia1000.bmp
あの時間帯よりも気温が下がっているのか飛び交う個体がいない。そこで、土手の斜面をていねいにみて回ると、草葉の上でじっとしている♀がみつかる。
220514sylvia1153.bmp
少し離れたところにも別の♀がいて、この個体の新鮮度はすでに低い。
220514sylvia1158.bmp
この個体を驚かせて飛んでもらうと幸いミヤコグサへと転飛してくれ、しばらく見ていると吸蜜し始め、
220514sylvia1200.bmp
吸蜜を終えるとゆっくりと開翅姿勢をとってくれる。
220514sylvia1204.bmp
新鮮度が低いだけでなく、低温期にみられる青鱗粉が発達した個体でもないのが残念。やがて太陽が少しだけ顔を出して明るくなり気温も上がったのか♂が飛び出してくる。ヒメウラナミジャノメがそばを飛ぶとその飛翔についてまわったりするが、その追飛翔が終わるとミヤコグサで吸蜜し始める。この個体も新鮮度が低いが、しっかり開翅姿勢をとってくれ、
220514sylvia1207.bmp
♂♀ともに撮影記録がとれたことで満足。
posted by クジャクチョウ at 20:43| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

自然観察ノート