2022年08月04日

新たなシルビアシジミの生息地を確認

シルビアシジミ(Zizina emelina: endangered 絶滅危惧TB類)の新たな生息地を高砂市内に確認。高砂市在住の「こどもと虫の会」会員であるAさんからの情報で2008年、2016年、2021年に観察記録があるという現地を本日視察し、除草作業や野焼き後に残るミヤコグサと、孵化後の卵殻と若齢幼虫が確認でき、
220804卵殻_幼虫.jpg
220804ミヤコグサ00.jpg
継続発生の維持を確信。2018年に「高砂市で49年ぶりの新生息地を発見」と月刊むしに発表しているが、2008年の写真記録があれば39年ぶりの新生息地発見がなされていたことになり、筆者はその10年後に別の新たな生息地を発見したとの訂正が必要になる。今後、成虫の発生の確証を得て公式発表の予定。
posted by クジャクチョウ at 22:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

自然観察ノート