2022年09月13日

高砂市阿弥陀地区のシルビアシジミ

曽根地区よりも10年前に生息が確認されていた阿弥陀地区のシルビアシジミの観察に出向く。依然として猛暑が続く13時過ぎ、点在するミヤコグサの周りをチラチラと飛ぶ個体は♀。数少ない花で吸蜜する様子をビデオ撮影し、
220913sylvia1235.bmp
次いでミヤコグサの葉にも止まるが産卵することはなく、
220913sylvia1236a0.bmp
やがて影となった部分の草葉にとまって休憩し始めたところをじっくりと撮影。
220913sylvia1236.bmp
他の場所で飛び回る♂は飛翔時の青色が薄く裏面の色も白っぽく見えることからヤマトシジミだと思われるが、すこしもとまらないため、確実な判別は出来ない。
 この場所から約1km離れた草地で確認できる個体も♀で、オオニシキソウの花周りで飛んでは休むの繰り返し。
220913sylvia1239.bmp
吸蜜している場面の記録はとれなかったが、ここでも点在するミヤコグサで細々と発生を繰り返していることを確認して撤収。
posted by クジャクチョウ at 18:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

自然観察ノート