2017年10月19日

ミヤマカラスアゲハ♂が羽化

 ミヤマカラスアゲハのオスが羽化した。
171019-ミヤマ♂.BMP
幼虫を提供して下さった京都の吉田さんから、緑色の蛹は年内に羽化する可能性がある、とのアドバイスがあって注意をしていたが、本日(Oct. 19, 2017)の午前11時半頃、すっかり体全体が黒くなっている蛹に気づき、急ぎ撮影準備を整える。腹節部も幾分広がって11時41分頃から約4-6秒間隔でピクリと動くので、
171019-1141.bmp
羽化の瞬間が近いと考えて注視するが、ピクリと動く間隔が長くなったりして待てど暮らせどなかなか羽化しなく、なんと14時19分過ぎになってようやく体をくねらせ始め、やがて待望のひび割れが入る。耐え続けた時間は実に2時間半。
171019-141920.bmp
そのあとは順調に事が進んで、2分もかからずに体全体が蛹からすり抜ける。
171019-142030.bmp171019-142048.bmp
翅が伸びる間に少しずつ翅を開閉し始め裏面の模様だけはくっきりと記録できるが、
171019-1430.bmp
翅表の美しい鱗粉の輝きは少ししか見せてくれない。
171019-1429.bmp
翅全体が伸びきるのに10分ほどを要し、
171019-1432.bmp171019-1449.bmp
気温が上がらないため飛ぶ気配がないまま放置して21時過ぎに確認すると、ありがたいことに翅全開の姿勢で休んでいる。これはまたとないチャンスだと、またもや急ぎ撮影準備を整えて美しい開翅記録を撮る。
171019-2114.bmp
冒頭の記録はSONY:HDR-CX170でアンテナまで入る姿にこだわったもので、少し違うアングルの記録も追加しておく。
171019-ミヤマカラス♂.BMP
ちなみに最近のビデオ撮影はSONY: HDR-CX485を使用。レンズはいずれもCarl Zeiss だが撮影できる範囲に微妙な差がある。


posted by クジャクチョウ at 23:37| Comment(0) | 日記

2017年10月17日

ゴマダラチョウが羽化

 雨が降る寒い朝、ゴマダラチョウ Hestina persimilis が羽化した。
171016-ゴマダラ羽化830.bmp
ゴマダラチョウは蛹にあまり色の変化がでないうちにあっという間に羽化するという印象が強いが、今回は前日の夕刻に翅部分が黒ずんでいて早朝の羽化が予測できた。6時ごろに目覚めてすぐに確認するとまだ羽化していなく、急いで撮影準備を整えて羽化の瞬間を待った。以下、羽化の変化記録を示す。
171016-ゴマダラ羽化750.bmp
口吻部分にひび割れが走って羽化が始まるが、その前に腹節部の幅が広がってきている。
171016-ゴマダラ羽化814.bmp171016-羽化01.bmp171016-羽化02.bmp171016-ゴマダラ羽化829.bmp
翅が完全に伸びる前から間歇的な開閉を繰り返し、最初の画像のように、生きていくための大切な器官となる黄色い口吻の機能チェックも繰り返す。
posted by クジャクチョウ at 07:30| Comment(0) | 日記

2017年10月15日

キアゲハ:親蛹、子蛹、孫蛹

 親蛹の背中に子蛹がついて、さらにその背中で蛹化した孫蛹までしっかりと記録を撮ったが、
171015_3pupae.jpg
羽化の順番も蛹化したタイミング順に、親、子、孫の順となるはずで、果たして羽化の瞬間に背中部分の重みに耐えて脱出ができるかどうか、このままで見守ることにする。といいながら、この状態で蛹化場所を探して徘徊する新たな終令幼虫を追加した場合、さらに4階建てをもくろむ個体が現れないとも言い切れなく、3個の状態で親蛹の固定糸を外してどこかに3個ごと移すべきかどうか悩ましい。なお、2階建ての蛹もそのままにしてあり、
171015_2pupae.jpg
ここが再び3階建てとなる可能性も否定できない。
posted by クジャクチョウ at 12:18| Comment(0) | 日記