2018年09月21日

ジャコウアゲハの産卵シーンに遭遇

ジャコウアゲハの新鮮メスを確認してからちょうど1週間が経過した雨が降り始めそうな午後、オス個体の発生確認目的で生息地を訪れると、左後翅を失ったメスが産卵場所を探すような飛翔をみせ、
vs180921-008.BMP
やがて土手上部のウマノスズクサに産卵し始める。急ぎ、雨でぬれたゆるくはない斜面をかけあがって草地へと踏み込み、産卵シーンの撮影記録をとる。足元の小さい球はわずかにパラついた小雨のしずく。
vs180921-007.BMPvs180921-006.BMP
かなりの数を産んだものと期待したが、飛び去ったあとでみるとわずか3個だけで、葉を裏返した確かな記録もとっておく。
vs180921-001.BMPvs180921-002.BMP
ニラの白い花ではヤマトシジミが本日最後と思われる食事タイム中。
vs180921-003.BMP
ジャコウアゲハの撮影のために草地に踏み込んだ際、草むらからいっせいに飛び出したベニシジミは、エノコログサの花穂、ヨモギ、チガヤなどの葉上、あるいは葉先などに落ち着いて、そのままそこを寝床として今夜を過ごすかのようにじっとして動かない。
vs180921-004.BMP
薄暗くなっていたせいか、エノコログサの花穂にとまるベニシジミの絵になるシ−ンは残念ながらピンボケばかりでがっかり。
posted by クジャクチョウ at 18:05| Comment(0) | 日記

2018年09月15日

孫の運動会の合間にチョウタイム

 高砂小学校の中庭にある花壇に薄紫色のアゲラタムが咲いており、その根元周りにはカタバミの黄色い花もきれいに並び咲いている。
vs180916-021.BMP
まず目についたのが花のない場所で休憩中のベニシジミ。
180915べニ1045.bmp
しばらくのちにヤマトシジミのメスがカタバミの花蜜を吸うのが目に入り、
180915ヤマト1149.bmp
近づくとやがて次々と産卵をして回り、
180915ヤマト産卵1149.bmp180915ヤマト産卵1150.bmp
カタバミの新芽まわりや葉裏には産みつけたばかりの卵が確認できる。
180915ヤマト卵1151.bmp
180915ヤマト卵1153.bmp
ときには休憩してV字開翅のあときれいではないが翅を全開して見せてくれる。
180915ヤマト1153.bmp180915ヤマト1154.bmp
やがてオスも現れて後翅右が少し破損しているが目いっぱいの翅全開姿勢をとって、普通種でもよくみればとてもきれいなブルーの輝きを見せてくれる。
180915ヤマト1204b.bmp180915ヤマト1204.bmp
最初に見たベニシジミがいつのまにかまた花壇に戻ってきており、アゲラタムの薄紫の花や黄色のカタバミの花蜜を楽しむ様子をいろんな角度から撮影記録してみる。
180915べニ1159.bmp180915べニ1208.bmp180915べニ1208a.bmp180915べニ1208b.bmp180915べニ1211.bmp180915べニ1212.bmp180915べニ1212a.bmp180915べニ1212b.bmp180915べニ1217.bmp
ここ数日ベニシジミの撮影記録が多いが、ごく普通種でもその美しさには魅了される。
posted by クジャクチョウ at 22:00| Comment(0) | 日記

2018年09月14日

ジャコウアゲハの新鮮♀を確認

時折小雨がパラつく曇天だが、ジャコウアゲハの生息地へと出かける。気温が低いせいかニラの花にチョウの姿がなく、やっと見つけたのがチガヤの葉上で休息するイチモンジセセリ。
180914-946.bmp
草むらをかき分けるとベニシジミが目に入る。
180914-ベニ955.bmp
次いで遠めのニラの花で求蜜中のホシミスジに気づき、この珍しい光景を記録しようと近づくといきなり飛び立ち、土手斜面のヌスビトハギが茂る部分へと行ってしまう。
180914-ベニ1005.bmp
しばらくきれいなベニシジミとつきあってから、ホシミスジが落ち着いたと思われる草むらへと踏み込んでいくと、なんと草陰で休んでいるジャコウアゲハが目にとまる。
180914-ジャコウ1014.bmp180914-ジャコウ1015.bmp
羽化したばかりのように見えるメスだ。正面からアップ撮影をする段階で驚かせてしまったのか児童公園のサクラの樹影へと飛んで姿を消す。ホシミスジも飛び出てくるが、そこらの葉上でV字開翅を繰り返すのを追ううちに撮影記録が取れないまま児童公園へと飛び去られる。ニラの白い花にとまりそうな気配を示すアオスジアゲハも現れるが、結局求蜜することなくこの個体も児童公園側へと飛んで行ってしまう。ホシミスジにこだわって児童公園へと移動してみるが、発生源のユキヤナギまわりにもいないため、あきらめてアオスジアゲハが飛ぶ場所へと歩くと、アゲハがやってきてすぐ目の前で休憩し始める。
180914-アゲハ1026.bmp
黄色が濃い別の個体も現れておなじように翅全開の姿勢で休息するのを撮影記録。
180914-アゲハ1029.bmp
このアゲハをねらう過程ですぐそばをホシミスジも飛ぶ。
180914-ホシミスジ1030.bmp180914-ホシミスジ1031.bmp
前翅には野鳥か何かについばまれたと思われる左右対称の破損状況が確認でき、ニラの花で蜜を吸っていた個体と同じであることがわかるが、最初にみた土手斜面から100mは離れたこんなところまで移動していた。、再び土手周りの草地でツバメシジミ、ヤマトシジミ、ベニシジミの撮影記録をとり、
180914-ツバメ1034.bmp180914-ヤマト♂1035.bmp180914-ヤマト1035.bmp
180914-ベニ1037.bmp
チャバネセセリは記録が取れないまま飛び去られる。次に、加古川の河川敷に出てキタキチョウの夏秋中間型の発生に期待するも、モンキチョウ2個体をみただけで何の成果もなく、舞い戻った土手斜面でチャバネセセリを探してみるが再会は果たせないまま、再度きれいなベニシジミの撮影を楽しむ。
180914-ベニ1101.bmp
この場所では二度目となるベニシジミの交尾個体も観察でき、
180914-ベニ交尾1101.bmp
180914-ベニ1108.bmp
斜面をすべりおちないように足を踏ん張って、白い花の蜜を吸うツバメシジミと
180914-ツバメ1111.bmp
ヌスビトハギの花蜜に夢中の黒化度が高いベニシジミを撮影記録して撤収。
180914-ベニ1114.bmp
posted by クジャクチョウ at 14:29| Comment(0) | 日記