2017年07月29日

オオムラサキが孵化

 オオムラサキ Sasakia charonda の孵化が始まった。森一彦著「オオムラサキの繁殖法」(ニューサイエンス社、1979)に、”産卵後2-3日で卵の上半部が乳白色に変色しない卵は残念ながら無精卵”という記載があって、今回は7/24の産卵から6日目となる本日、ようやく卵の変色傾向が見られる。
170729-eggs0.bmp
中央部にみられる緑濃い状態が長く続いて少々不安になったのだが、今朝起きて確認できたかわいい初令幼虫の姿に胸をなでおろす。
170729-eggs1.bmp
葉裏に卵が残る表側にたむろする複数の幼虫をアップで記録すると、移動時に利用する絹糸もみえ、
170729-初令_卵.bmp
最初の食事として卵殻をしっかり食べている幼虫もみられる。
170729-卵殻.bmp
吹き流しの布面で孵化した幼虫がエノキの葉へとしっかり移動してくれるまで注意が必要で、幼虫が越冬準備に入る12月までの飼育は何とかなるが、越冬明け以降の飼育を委ねるべく複数の友人に提供する予定。
posted by クジャクチョウ at 09:04| Comment(0) | 日記

2017年07月27日

猛暑の日中に見るチョウ

 お隣の庭にやってきたジャコウアゲハのオスが、まだ近くにいるかもしれないと住宅裏の緑土公園を探索してみると、元気に飛び回っているのがツマグロヒョウモンのオスで、ときには2個体が絡み合って青空高く舞い上がる。そのうちの新鮮度が高い個体は、自動遊具の青色に執着してみたり、白シャツを着る筆者の体近くまで寄ってきたり、人懐っこいしぐさで楽しませてくれる。
170727-1340ツマグロヒ.bmp170727-1340ツマグロヒa.bmp
筆者が危害を加えることがないと分かったのか、ビデオカメラを5cmほどの距離まで近づけても平気でモデルを務めてくれるのがうれしい。
170727-1353ツマグロヒ.bmp
この個体は暗くなると自動点灯する街灯の白いプラスティックカバーにとまるのも好きらしく、その様子も記録しようと近づくと、いたずらっぽく飛び逃げたりする。
170727-13540ツマグロヒ.bmp
夏が大好きなはずのアオスジアゲハがコナラの木陰で休んでいるのに気づき、撮影しようと接近すると、まだまだ元気だよ、とランタナの花へと向かって吸蜜をするが、
170727-1344アオスジ.bmp
さすがに体力が続かないと見えて、再び木陰となった部分に群生するヨモギとヌスビトハギの茂みの中で休息し始める。
170727-1347アオスジ.bmp
他に元気な飛翔を見せるのはアゲハチョウとキタキチョウ。モンシロチョウも花壇周りでのんびりと花蜜を求めているが、多くの時間をツマグロヒョウモンとのお付き合いに割いたため、上記2種以外の記録を撮ることなく次のジャコウアゲハ生息地での調査に向かう。その傍の児童公園ではキアゲハが大きな弧を描いて元気よく飛び交い、ヤマトシジミも暑さをもろともしないで路面近くを飛び回っていた。
posted by クジャクチョウ at 23:28| Comment(0) | 日記

ジャコウアゲハが戻ってきた

 高砂市のジャコウアゲハ生息地で、幼虫が摂食中という最悪のタイミングで国土交通省の土手斜面除草作業にあい、ウマノスズクサがすべて刈り取られて、いっときこの場所でのジャコウアゲハの発生が途絶えてしまった。ところが、昨日、妻が自宅近くでジャコウアゲハのメスを見たといい、本日の正午、隣の家の庭先にオスが舞い降りて短時間路面で吸汁して飛び去るのを観察できた。自宅の2階ベランダにウマノスズクサの鉢植えを置いてあるのが誘引した可能性が考えられるが、何よりも現地の様子を知りたく、昼過ぎに土手の発生地まで状況確認にいってみる。土手斜面にはウマノスズクサが復活しているがチョウの飛ぶ姿はなく、土手反対側の児童公園に回ってみる。小学低学年の女の子たちがサクラの樹によじ登ったりしてクマゼミを素手でつかまえる様子を頼もしいなと眺めつつ、しばらく木陰で観察を続けると、やがてオス個体が現れる。急ぎその飛翔をビデオカメラでフォローして証拠記録をとる。サクラの枝葉の隙間から土手斜面に目をやると新鮮度が高いメスの飛翔が確認でき、急いでかけつける。
170727-1628aジャコウ.bmp170727-1628ジャコウ.bmp
飛翔の途中で危うく走り抜ける車にぶつかりそうになるがフワリとかわし、
170727-1628bジャコウ.bmp
産卵行動をみせることなく公園側へと飛び去って見失う。次いで、後翅がかなり傷んだメス個体が飛び出してきて産卵しそうな飛翔をみせるが、結局産卵はせずに休憩し始める。
170727-1636cジャコウ.bmp170727-1636bジャコウ.bmp170727-1636ジャコウ.bmp
念のために周辺のウマノスズクサを調べてみたが産卵の形跡を確認はできず。例年にくらべてジャコウアゲハの幼虫に食われていないせいか、花の数が多い印象。
170727umasuzu.jpg
よくみればこの花はどこかおどけた顔の表情にみえる。ちなみに、最初に観察できたオス個体の飛翔証拠記録もアップしておこう。
170727-1625ジャコウ.bmp
ベランダのウマノスズクサを確認してみたが、産卵は見られない。
posted by クジャクチョウ at 18:45| Comment(0) | 日記