2017年06月13日

イシガケチョウ:加古川での定着は濃厚

 2015-6年の2年間連続してイシガケチョウの産卵を確認している志方町山中地区のオオバイヌビワを調査。期待通り、新葉周辺に産卵3個と、糞塔を形成してそこにとどまる若齢幼虫3個体が確認できる。
170613-山中卵.bmp170613-山中幼虫1.bmp
先日の平荘町の産卵、孵化幼虫の確認を含めて、加古川市におけるイシガケチョウの定着可能性がぐんと高くなった。なお、本日の他の観察チョウは以下の、ツマグロヒョウモン、
170613-ツマグロM1352.bmp170613-ツマグロF1500.bmp
テングチョウ、
170613-テング1467.bmp
イチモンジセセリなど。
170613-イチモンジ1.bmp170613-イチモンジ2.bmp
イチモンジセセリの左前翅先端には、ミシン針の頭のような穴があいている。
posted by クジャクチョウ at 18:32| Comment(0) | 日記

午後のフィールド調査

 ヒメヒカゲのルートセンサス調査を初めて午後に実施。最初の観察個体は、このフィールドでは初登場のヒメジャノメ。
170613-ひめJ.bmp
ルートセンサス調査のスタート地点へと向かう際、足元の笹竹葉上で休憩中だったらしい個体が驚いて薄暗いブッシュ内へと逃げ込んだため、コジャノメかと思ったが、舞い戻ってきてヒメジャノメだと判明。ヒメヒカゲはノイバラの花へと転飛して静止する翅が傷んでいないメス個体も見るが、
170613-hime1416.bmp
この個体はノイバラの花での吸蜜が目的ではなく、ただ休んでいるだけで、多くがスレ個体となっている。
170613-male1429bmp.bmp
170613-female.bmp
先日ヒメヒカゲの羽化シーンを撮影した場所で、ヒメヒカゲの卵を探すと、コイヌノハナヒゲに産み付けられた2個がすぐにみつかる。
170613-eggs.bmp
ルートセンサス調査を終えてもどる道中、ウラナミジャノメもスレ個体が飛び出すが、すぐにブッシュ奥へと逃げてしまい、撮影記録はとれず。
posted by クジャクチョウ at 18:16| Comment(0) | 日記

2017年06月10日

イシガケチョウの幼虫周りは天敵だらけ

 6月2日:平荘町里で観察した、オオバイヌビワに産卵されたイシガケチョウの卵のその後をフォロー。6月8日には孵化した幼虫を複数個体観察できたが、本日(6月10日)には幼虫の数が減っている印象で、糞塔をつくる独特の擬態習性がどのていど効果があるのか怪しいものがある。
170610-イシガケ幼虫1003.bmp
幼虫の周りにみえる卵殻はイシガケチョウのものかどうかよくわからない。次の記録は、糞塔は残るが幼虫の姿がない例で、このような痕跡は複数観察できる。
vs170610-005.BMP
孵化した幼虫が糞塔をつくって常駐をする新葉まわりにはいろんな天敵がいて、最初は大きなアリかと思ったがよく見ると大きな顎をもつ異様なクモのようで、ハエトリグモ科のアリグモの一種らしい。
170610-クモ1.bmp
すぐにそれとわかるクモもすぐ近くをパトロールしている。
170610-クモ2.bmp
アシナガキンバエも場合によっては孵化したばかりの初令幼虫の捕食を狙っているのかもしれない。
170610-アシナガキンバエ.bmp
6月3日:複数の卵を確認した平荘町西山で観察できるのは糞塔から葉陰へと移動して隠れている幼虫1個体だけで、
170610-イシガケ幼虫1131.bmp
フォーカスあわせが難しく、傍を走り抜けていく車の方にフォーカスが合ってしまう。
posted by クジャクチョウ at 15:53| Comment(0) | 日記