2019年01月06日

リュウキュウムラサキの蛹化

リュウキュウムラサキの前蛹に動きがあり、ビデオ撮影準備をして蛹化脱皮の一部始終の記録を撮る。
190105prepupa0.bmp
体を丸めた前蛹姿勢から、頭部分を下げて体全体が伸びた姿勢へとかわり、よく見れば尾端部分の上皮が少しずつ縮んでいって幼虫時代のトゲとともに圧縮され、
190105prepupa1449.bmp
やがて頭部が割れてベージュ色の蛹が見えてくる。
190105prepupa1452.bmp
190105prepupa1454.bmp
毛虫の上皮がすっかり尾端部へと脱ぎとられ、
190105prepupa1456.bmp
トゲと皮の塊を少しずつ尾端から切り離そうと、
190105prepupa1506.bmp
新生蛹は体を何度もくねらせてついにはポトリと脱皮殻が落下する。新生蛹は少しずつそれらしく体幅が広がって新たなトゲも伸び、やがて蛹としての形が整う。
190105prepupa1506a.bmp
190106pupa.jpg
自然界では幼虫時代に次いで天敵の攻撃を受ける危険性がとても高い時間帯で、幼虫は天敵から身を守るために多くが食草や食樹から離れ、人間の目でも発見が難しい環境を蛹化場所として選んでいる。
posted by クジャクチョウ at 15:31| Comment(4) | 日記

2019年01月04日

自然に近い前蛹化

昨年12月末で越冬幼虫が4個体となり、2019年になった1月3日に1個体が飼育ケージ内で徘徊し始めたため、これまでと同じように吹き流しへと移したが、その日のうちに吹き流しの天井部に下垂する複数の蛹の隙間に糸がけをして前蛹態勢を整えた。残る3個体も残るサツマイモの葉が少なくなる状況下、はやく蛹化準備へと進んでくれることを願っているのだが、本日、1個体がサツマイモの茎に下垂前蛹となっているのに気づく。
190104prepupa0.jpg
まずは最初の記録を撮ったあと、羽化記録が撮りやすいように、込み合ったサツマイモの茎葉から前蛹個体が下垂する茎だけを分離。
190104prepupa.jpg
190104prepupa2.jpg
190104prepupa3.jpg
本来、このようなごく自然に近い蛹化を期待しながらも、徘徊する幼虫の動きから飼育ケージの天井部に下垂する可能性が高いと感じて、仕方なく吹き流しへと移してきた。今回、初めて期待通りの前蛹化個体が出たことで、蛹化脱皮、さらには羽化の様子を自然に近い形でビデオ撮影記録ができる。
posted by クジャクチョウ at 10:10| Comment(0) | 日記

2018年12月28日

ECO大賞をあげる!

リュウキュウムラサキの飼育幼虫のうち、12/26日になってようやく終令へと脱皮する個体がいたりして残るサツマイモの葉っぱが気になる状況下、枯れ始めた葉っぱや黄色くしおれた葉っぱを美味しそうに食べてくれる幼虫2個体にはECO大賞!を与えたい。
181228lrava0.bmp
181228lrava1.bmp
まだ幼虫が中令である頃、緑の新葉を食っている途中で、葉脈から白い液汁がにじみ出ると、とたんに食べるのをやめてしまうという挙動を観察したが、あの状況から推察すると黄ばむくらいになった葉っぱの方がむしろ熟して美味しいのかもしれない。
posted by クジャクチョウ at 18:37| Comment(0) | 日記